close

カテゴリ(区分)で選択

close 絞り込み画面をとじる

商標情報

登録済
国際登録番号 895771
国際登録日 2004年10月07日
存続期間満了日 2024年10月07日

権利者情報

権利者 Stichting Geodelft

商品・サービス(指定商品・指定役務)

42類
科学的及び技術的な研究及び開発
コンピュータソフトウエアの設計
工業デザインの考案
前記の全ての役務は地質工学・地球科学・地質学・地下水学・地球生態学・基礎工学及び環境工学の分野における知識開発をも目指したもの
土壌改良、トンネル工学、浚渫汚泥の改良、堤防・海岸及び沿岸の安定化、堤防・建築物・建設ピット・道路及び線路の基礎地盤及びシーリングのための技術(特に生化学及び生物工学)に関する科学的及び工業上の研究及び開発
土壌改良、トンネル工学、浚渫の改良、汚泥、堤防・海岸及び沿岸の安定化、堤防・建築物・建設ピット・道路及び線路の基礎地盤及びシーリングにおけるプロセスの進捗及び結果の予測及び監視の分野における研究開発
建築工学・水力工学及び道路工事のための設計
土木工事・道路工事及び鉄道工事及び鉄筋コンクリート工事のための設計
公共事業の建築及び準備段階のエンジニアリング構造のためのコンクリート構造及び鋼構造の技術設計及び設計
建築物の設計
特に既存の建造物を改修するためのコンクリート構造及び鋼構造の建築計算及び製図
建築物の図面の作成
工事の実行に有益となる付帯工事(特に陸地及び水中の土止め工事及び支持工事)の設計及び技術的な計算
機械工学工事の設計及び技術的な計算及び製図
支持構造の設計
締り金物及びアンカー構造の設計
材料及び構造の分野における研究開発
建築工学・水力工学及び道路工学・土木工事及び鉄道工事・基礎構造工事及び鉄筋コンクリート工事の分野における新工法及び施工技術の研究開発
建設の計画
技術的助言(建築工学・水力工学及び道路建設工事に関する設計・土木工事及び鉄道工事・基礎構造工事及び鉄筋コンクリート工事の分野におけることも含む。)
地質工学・地球科学・地質学・地下水学・基礎工学及び環境工学の分野における技術的助言
建築工学・水力工学及び道路建設工事・土木工事及び鉄道工事・基礎構造及び鉄筋コンクリート工事の分野における技術的な計算
建築設計の安全性・健康及び環境の側面に関する助言
建築工学・水力工学及び道路工学・土木工事及び鉄道工事・基礎構造工事及び鉄筋コンクリート工事の分野における品質管理
測量(助言の提供を含む。)
工業デザインの考案
機械工学の分野における調査の実行のための研究開発
地質調査の実行
材料検査
土壌検査の実行
建築工学・水力工学及び道路工学・土木工事及び鉄道工事・基礎構造工事及び鉄筋コンクリート工事の分野における物流計画及び技術的助言のための研究開発
掘削泥水及び支持泥水及びグラウト(セメント又は他のタイプの結合剤を含む混合物・注入グラウト及び化学品・泥水)の研究開発
建築工事・土壌改良・土壌強化及び地盤強化の研究開発に関する技術的助言
以下の役務に用いられるコンピュータプログラムの設計及び開発
建築物の建設・修理、道路工事及び水力工学、土留め及び保水工事、建築物の保守及び修理、基礎地盤の工事、杭打ち工事、土壌改良、土壌修復、土壌強化、地盤強化、土壌物質及び残留性物質(例えば浚渫汚泥・飛散灰・都市固形ごみ焼却(MSWI)のスラグ・建築用粗石・鋳物砂及び熱処理された砂(これらは化学・生物学及び/又は生物工学の手段の適用によって現場又はあるがままの状態にある土壌又は前述の残留性物質の改良並びに土壌へのセメントの高圧注入(いわゆる注入工法及びジェット注入工法によって実施されるもの)の強化、
基礎地盤の保守及び修復、土構造物の安定化、石灰セメントの安定化、現場で混ぜ合わせる工学技術の施工による土壌の強化(土壌に結合剤を混ぜること)、基礎地盤の強化、土壌の定着、多孔質土壌層の分離及び隔離、トンネル及び坑井の工事、建築活動中の地表沈下(陥没)を防止するための予防保守及び/又はそのようなダメージの修復、建築物の建設・水力工学及び道路工事・土木工事及び鉄道工事・インフラ建設及び鉄筋コンクリート工事の実行、修復及び改修工事、水平方向の掘削、排水溝及び道路にチューブ及びシリンダーをマイクロトンネリング(推進工法)及び/又はインサーションによる設置、鋼構造の取付け及び保守、
鋼構造の防錆処理、材料の保守・修理及び改変、土木工学の建造物及び設備に対する技術的保全の実行、改築及び復元、インフラ建設工事の実行、架空ケーブルシステムのための支持構造の建造及び保守、建築工学・水力工学及び道路工学・土木工事及び鉄道工事・インフラ建設工事及び鉄筋コンクリート工事の分野における情報の提供、絶縁工事、建築プロジェクトの監視(管理)及び技術的不具合についての修正、材料処理、土壌の処理・浄化及び再生、地下水の汚染物を吸収しやすい媒体への土壌の改良、技芸・スポーツ又は知識の教授、コースの提供、訓練及びセミナーの提供

存続期間

2024-10-07

残り3年1ヶ月